ナメコ(滑子)

きのこ図鑑

日本人であれば誰もが知っているナメコ。スーパーに行けばいつでも買うことができますが、秋になると里山などで比較的かんたんに採取することができます。

栽培された商品と違い、自然に発生した天然物のナメコは桁違いに大きいものがほとんど。自分が見た中では、傘の大きさがソフトボール大サイズのナメコがありました。

風味も強いので好き嫌いが分かれますが、山菜などが好きな人であればハマること間違いなし!みそ汁の具材と言うよりも、キノコ鍋にして食べるのがオススメです。

ナメコ(滑子)の採り方

ナメコが発生し始める時期は、地域差があるもののおおよそ10月下旬頃から。それから初雪が降るくらいまで採ることができます。

ナメコが採れる場所はブナやナラの木が生える広葉樹林となり、ナラなどの立ち枯れした木や倒木を探します。群生するキノコなので、見つけたらその木全体を見るようにしましょう。

鎌やハサミを持っていくと楽に採ることができます。

ナメコ(滑子)の見分け方

毒キノコであるニガクリタケにも似ていますが、ナメコは独特の強いヌメリがあるので間違えにくいです。色もナメコの方が強い茶褐色をしています。

ナメコ(滑子)の基本情報

正式名称ナメコ
呼び名ナメコ、滑子、butterscotch mushroom、nameko
学名Pholiota microspora (Berk.) Sacc.
分類ハラタケ目モエギタケ科スギタケ属
時期秋、冬
発生場所ブナ科の立ち枯れた木や倒木に発生
似ている種類ニガクリタケ、ナラタケ