アミガサタケ(網笠茸)

きのこ図鑑
スポンサーリンク

アミガサタケは、フランス料理などでよく利用される高級キノコです。海外ではモリーユやモレルと呼ばれ、とても人気があるキノコなんです。

日本でも乾燥したモリーユが販売されていますが、どれも輸入物であり高値で取引されています。

フレンチや高級キノコと言うと見つけるのも難しい印象ですが、実は身近なところに生えている可能性もあり、キノコハンター達は春先からアミガサタケ探しに奔走しています。

自分も大好きなキノコの一つ、アミガサタケについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アミガサタケとは、どんなキノコ?

アミガサタケとは、チャワンタケ目アミガサタケ科に属するキノコで、北半球に広く分布しており日本でも全域に発生します。

網笠茸の名の通り、笠の部分が網目状というかハニカム柄のような造りになっており、日本での呼び名の元になったと考えられます。

海外の呼び名としては、英語でmorel(モレル)、 フランス語でmorille(モリーユ)、イタリア語でmorchetta(モルケッタ)などと呼ばれ、日本ではアミガサタケの他にモリーユと呼ばれることが多いですね。

食用として広く流通していますが、ヒドラジンという毒が微妙に含まれているため、生食は避け必ず加熱調理して食べるのが望ましいとのこと。

個人的にはフレッシュからの調理も良いですが、乾燥させると風味が増したり保存性も高くなるため、採集してきたモリーユはすべて乾燥させています。

また、乾燥させたモリーユを戻した汁が極上な風味を持ち、クリームソースと抜群の相性なのでオススメです!

アミガサタケの種類

アミガサタケには複数の種類があり、日本国内でも10種類前後あるようです。(間違ってたらすみません・・・)

また、笠の色によってブラックモレル・イエローモレル・ホワイトモレルに分けられることがあり、自分が採集するシロではブラックモレルの一つトガリアミガサタケがよく採れます。

アミガサタケの種類

  • アミガサタケ
  • トガリアミガサタケ
  • オオトガリアミガサタケ
  • コトガリアミガサタケ
  • アシボソアミガサタケ
  • アシブトアミガサタケ
  • オオアミガサタケ
  • ヒロメノトガリアミガサタケ
  • フカアミガサタケ
  • トガリフカアミガサタケ
  • オオフカアミガサタケ

正直なところ、ブラックとイエローの違いはすぐ分かりますが、自分の採ったキノコがトガリアミガサタケなのかオオトガリアミガサタケなのかは、今の自分のキノコスキルでは分かりません・・・。

もう少し勉強して詳しくならないと。。。

アミガサタケの基本情報

名前 アミガサタケ
他の呼び名 morel(モレル)、 morille(モリーユ)、morchetta(モルケッタ)、Speise(シュパイゼ)
学名 Morchella esculenta(L.)Pers.
var. esculenta
英名 morel
分類 チャワンタケ目アミガサタケ科
採れる時期 日本では春を迎える2月~4月頃
採れる場所 日本国内の森林や里山の林道や公園などに発生します。主にサクラ、イチョウ、モミ、トウヒなどの木の近くに群生し、場合によっては民家の庭などにも発生します。
主な食べ方 様々な料理に利用できますが、特にクリームソースとの相性が良いです。
似ている毒キノコ
    シャグマアミガサタケ(猛毒)

アミガサタケが採れる時期はいつ?

アミガサタケが採れる時期ですが、西日本では早ければ2月頃から採れはじめ、関東圏では2月末から3月頭頃からのようです。

管理人は北陸地方在中ですが、その年によるものの早ければ3月上旬から発生し始めます。

桜前線ならぬモリーユ前線は、Twitterやinstagramで随時チェックしたいですね。

アミガサタケの採り方・採れる場所は?

アミガサタケの採り方と探し方ですが、菌類はデリケートなので生えている環境がとても重要になります。

一般的には以下のような場所で多く見られます。

  • 木の多い公園や森林公園
  • キャンプ場
  • 里山の林道
  • 森林の中

特に重要なのが周辺に生えている木で、自分が見つけたシロはサクラやイチョウの木が多く生えています。

また、山菜としても美味しいシャクや、ツヤツヤの葉っぱが特徴のウバユリとが生えているような環境も好む印象があります。

モミやトウヒの木の周辺に生えるとか色々情報はありますが、環境条件さえ揃えば民家の庭などにも発生します。

マイタケなどと違い山奥まで入らなくても探しやすいキノコなので、森林浴や散歩のついでに足元に気を配るといいことがあるかもしれませんね。

ちなみに、管理人が初めて見つけたときは、花見に行っているときに偶然嫁が見つけたのが最初になります・・・。

アミガサタケの食べ方や下処理は?

アミガサタケの食べ方や下処理についてですが、微量の毒をもっているため加熱調理することが前提となります。

あとは、アミガサタケの中は空洞になっているため、ゴミや虫が入っていることが多く、縦に割るように切って洗ってから調理するようにしましょう。

アミガサタケでオススメの食べ方ですが、初めて食べる方はぜひクリームソースを試していただきたいです。

アミガサタケのエキスに含まれる独特の風味がクリームソースによく合い、何とも言えない深みのある味わいを楽しむことができます。

写真はアミガサタケとコシアブラのクリームソースパスタですが、コシアブラの強い風味とケンカすることもなく、両者の良いところを堪能することができるのでオススメです!

アミガサタケに似た毒キノコ

アミガサタケは探しやすくて美味しい最高のキノコですが、似ているキノコで猛毒を持つ毒キノコがあります。

それがこちらのシャグマアミガサタケ(赭熊網笠茸、赤熊網笠茸)。

出典:wikipedia.org

アミガサタケのような規則性のある柄ではないため容易に見分けることができますが、非常に強い毒性を持っており決して食べてはいけません。

北欧では毒抜きをして食べる風習があったり、日本でもチャレンジしている方がいますが、非常に危険なのでやめておきましょう。

自分もまだ出会ったことはありませんが、カエンタケと共に一度は見てみたいと思っています。

アミガサタケのまとめ

文中で何度も書いている通り、アミガサタケは非常に探しやすく美味しいキノコです。

群生する習性もあるので、1本見つければその周りもチェックするのがオススメです。

キノコ探しあるあるですが、アミガサタケは家族やグループでキャンプやBBQをしている時に、偶然子供が見つけたり、キノコに興味のない方が見つけたりすることが多い印象があります。

意外と身近な場所で見つけたりするキノコなので、散歩やウォーキングの時にでも桜の木の周辺に目を向けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました